メラニンが多い部位の脱毛は調節が必要

| トラックバック(0)
『ひかり脱毛』や『レーザー脱毛』は毛のメラニンの色素に反応し、毛根を破壊して処理するようにできています。
ワキやVゾーンの毛のように太くて色の濃い毛はメラニン色素の量が多いので、刺激が強く感じることが多いですが、逆に背中のうぶ毛のような細い毛はメラニンの量が少ないので刺激はあまり感じにくいです。
脱毛をする際は、ワキのようなメラニンの多い毛は、多少パワーが低くてもメラニンに反応するためしっかり処理できますが、うぶ毛のように薄い毛はパワーをしっかり上げて照射していかないときちんと根本まで処理ができませんので、施術を行うスタッフは、毛質をしっかり見極めて脱毛機のパワーをコントロールをする必要があります。また脱毛時の刺激の感じ方は、メラニン色素の量以外にも、皮膚の厚さの違いや毛の密集具合、骨に近い部位などでも変わるため、臨機応変に、きめこまやかに対応のできるスタッフにお任せできると安心です。




トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、hat002が2014年3月30日 18:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「化粧」です。

次のブログ記事は「中古車ご購入は中古車オークション代行のカーズゴーゴー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31