2014年3月アーカイブ

『ひかり脱毛』や『レーザー脱毛』は毛のメラニンの色素に反応し、毛根を破壊して処理するようにできています。
ワキやVゾーンの毛のように太くて色の濃い毛はメラニン色素の量が多いので、刺激が強く感じることが多いですが、逆に背中のうぶ毛のような細い毛はメラニンの量が少ないので刺激はあまり感じにくいです。
脱毛をする際は、ワキのようなメラニンの多い毛は、多少パワーが低くてもメラニンに反応するためしっかり処理できますが、うぶ毛のように薄い毛はパワーをしっかり上げて照射していかないときちんと根本まで処理ができませんので、施術を行うスタッフは、毛質をしっかり見極めて脱毛機のパワーをコントロールをする必要があります。また脱毛時の刺激の感じ方は、メラニン色素の量以外にも、皮膚の厚さの違いや毛の密集具合、骨に近い部位などでも変わるため、臨機応変に、きめこまやかに対応のできるスタッフにお任せできると安心です。




私の仲良しは写真家で、仕事が無い時代にはポルノやあっと驚く様なお写真を撮って居たそうです。
撮影現場はちっともエロテックじゃなく、肉体労働者の溜まり場チックな雰囲気をかもし出していたそうです。
モデルたちはさぞかしキレイで目のやり場に困っただろうと聞くと、答えが奮っています。
彼女らは色んな子が居たよ、学費が無いからバイトなんだという医学生とか、ドラッグを買う金が欲しいから来たとかね、でも皆生きていかないといけないから、戦場のようだった世と笑います。

絵描きや写真家は何を見てきれいだと思うのかしら、不思議な感じしませんか。 

彼に聞くと、パッと見ると大体わかると申します。見られてる対象がどんな思考、どんな経験をしてきたのかを顔や体が語るから、きれいには化粧すれば成れるけど、全体は決して変える事が無いからね、自分が自然に出てしまうんだと答えます。

言葉にはできない感覚が作動して、判断されているのでしょう。




このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30