中学受験におけるカレンダーの利用

| トラックバック(0)
中学受験のみならず、人生の成功者となるためにカレンダーを利用しない手はありません。

手帳などと違い、普段から目に入る上、一瞥して毎日の予定や達成状況を確認できるので、常に目標を意識し、高みを目指す助けとなるからです。
カレンダーは余計な情報が少なく、予定を書き込む部分が大きいものを選びましょう。
適当なもの見つからなければ自作するのがよいでしょう。

次に最終目標から逆算し、小目標を立てます。
中学受験であれば、苦手科目の克服、面接応答などが上げられます。

そして小目標を達成するのに必要な勉強量、練習量を、具体的な数値として計算します。
あとはそれを日割り計算でカレンダーに書き付けていくだけです。
休息日や予備日をとるのを忘れないようにしてください。

最も重要なのは評価です。
毎日の終わりに、目標の達成度を書き込みます。
数値目標は日々の活動を客観的に評価できます。
色のついたシールなどで「よくできた」「あまりできなかった」などと分けるのもいいでしょう。
一見して分かりやすく、励みになります。

中学受験の成否は日々の積み重ねが反映されます。
短い期間を有効に使うために是非このトレーニングを実践してみてください。

こちらで塾 小学生について書かれていますので参考にして下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、shira02が2013年12月 5日 15:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「膝の痛みは神経に触ってつらいです。」です。

次のブログ記事は「指の爪で引っこ抜けるほど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30